人材派遣会社の向き・不向き

人材派遣会社TOP >> 人材派遣会社の転職の基礎 >> 人材派遣会社の向き・不向き

人材派遣会社の向き・不向き

人材派遣会社に向いているのは「仕事を探している人のサポートが好きな人」です。なぜなら人材派遣会社は業務ごとにさまざまな部門があるものの、それらは最終的に派遣登録者が仕事を見つけるために用意されているものだからです。積極的に派遣登録者をサポートし、派遣に成功した時に喜びを感じる人であれば、やりがいも大きいでしょうし、長くこの業界で活躍できるはずです。

派遣登録者と直接やり取りするコーディネーターの職種の場合ですが、この職種は転職に関する知識を豊富に持っているほど向いている特徴があります。なぜならコーディネーターの職種は派遣登録者に対して親身になって相談に乗ることが重要だからです。

派遣登録者は仕事が決まるまでは不安や疑問で精神的に負担がかかっています。そこでコーディネーターが応募書類の添削を行ったり、面接のアドバイスをしたりすることで、派遣登録者に自信をつけさせていきます。転職に関する知識が豊富にあればこういったことも比較的容易にできるようになるはずなので、人材派遣会社向きの適性があるといえます。

人材派遣会社の業務は派遣登録者との関わりばかりがイメージされがちですが、クライアントとの関わりについても忘れてはなりません。クライアントとは何かというと、派遣登録者を派遣させる企業のことです。この企業がいなければ派遣登録者は行き場がなくなるので、人材派遣会社にとっては生命線ともいえる存在となります。

クライアントと関わる人材派遣会社の業務に向いているのは営業スキルの高い人です。営業スキルが高ければ派遣先の企業とたくさん繋がりを持てるようになりますし、良好な関係を維持しやすくなります。そうすれば安定した人材派遣ができるようになり、人材派遣会社にとって有益です。ただし、営業スキルといっても単に自社を売り込むだけではなく、正しい情報を的確に伝えられるようにしなければなりません。

逆に人材派遣会社に向いていないのはどういう人かというと、「コミュニケーションが苦手な人」となります。人材派遣会社の仕事は派遣登録者とクライアントという2種類の対象を相手にやり取りしていく必要があるものなので、他の業界よりもコミュニケーションの取り方が難しい傾向にあるのです。どちらか一方だけの要求だけを通してしまうと、もう一方の扱いがおろそかになってしまうので、バランスよく派遣登録者とクライアント両者の気持ちを考えなければなりません。

人材派遣会社の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 公開求人数 転職可能エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ☆☆☆☆☆ 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014 - 2017 人材派遣会社求人ランキング【※2014年度最新版】 All Rights Reserved.