人材派遣会社の離職率

人材派遣会社TOP >> 人材派遣会社の転職の基礎 >> 人材派遣会社の離職率

人材派遣会社の離職率

離職率というのは、働きやすい職場が多い業種かどうかという事を見極めるという点でとても大切です。気になる人材派遣会社の離職率はどれくらいでしょうか。人材派遣会社を業界別でみるとサービス業に入りますが、サービス業は製造業と比べ圧倒的に離職率が高いのが特徴です。その中でも人材派遣会社も、他の業界と比較しても高めだと言ってしまっても過言ではありません。その理由ですが、その主な理由は不規則な仕事形態や人と接する仕事としてのストレスがあげられます。

人材派遣会社の場合、コーディネーターとして派遣に登録するスタッフと派遣先となるクライアントの企業の間に立たされ板挟みになり苦労をすることが多いようです。多くの人材派遣会社ではスタッフはほぼ全員登録することができます。スタッフの数は膨大になり全員を細かく管理できないというのが現状です。スタッフは、一般の転職者に比べ真剣さにかけている人が多く、一部の人は派遣先に無理な要求をつきつけたりわがままを言う人もいます。また、面接当日に現れなかったり、人によっては派遣先への就業初日から現れないという人も中にはいます。このようなケースでも、謝らなければならないのは、派遣会社の社員という事になりかなりの気苦労を要します。こういった事態でのストレスは計り知れず精神的な負担がかなりかかります。人を信じられなくなったという人も多くいわゆる「人間不信」におちいります。

また、近年は「派遣切り」といった言葉がよく聞かれるようになりました。経済不安のために会社がまずは派遣社員の契約を延長しない、新たな契約をしないといった状況が増えてきています。派遣に関する取り決めも毎年変わり、条件が厳しくなる一方のため、「派遣社員」の雇用の条件が年々厳しくなり派遣会社のおかれている環境は苦しい状況です。こういった環境の中で営業での仕事はかなり厳しく精神的な負担もかなり大きいようです。

また、業界全体が若いために、社員育成のための規則などの取り決めが少ないため、早い段階でマネージャーのような管理部門の仕事を任されたりすることも多いので、若い層にかなりの負担がかかります。また、定年退職まで長く居る職場ではないというような雰囲気が全体的にあり、職場を辞めやすいなどの理由もあります。ただし、若いうちから即戦力として働くことが出来るというのは魅力の一つでもあります。若くても力があればばりばり働けますし、認めてもらうことが出来るので、仕事にやりがいを感じたいという人には向いている職業だといえます。

人材派遣会社の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 公開求人数 転職可能エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ☆☆☆☆☆ 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014 - 2017 人材派遣会社求人ランキング【※2014年度最新版】 All Rights Reserved.