事務職の人材派遣会社求人

人材派遣会社TOP >> 条件別の人材派遣会社求人 >> 事務職の人材派遣会社求人

事務職の人材派遣会社求人

人材派遣会社への就職は、営業部門、事務部門、アウトソーシング部門に分かれています。営業部門はどのようなことを行うのかというと、クライアントである派遣先の新規開拓や派遣先に就業しているスタッフと企業間のフォロー、現在依頼のあるクライアントに新しい提案を行うなどといった業務をこなします。派遣会社の事務職はどのような業務をこなすのかというと派遣スタッフの登録業務やデータのマッチング、契約書類の作成などを行います。派遣に登録したスタッフへのヒアリングやセミナーなどの設定なども仕事の1つです。また、人事部門や経理部門、総務部門といった部署での勤務となります。

人材派遣会社は業種としてはサービス業に区分されるため、人と接する仕事が多く、事務職といっても派遣スタッフとのコミュニケーションが多くなります。もちろん、会社の人事、経理、総務部門などは完全な事務職扱いとなります。

派遣に登録するスタッフをサポートするコーディネーターのような仕事をした場合、9時〜5時の平日勤務という訳にはいきません。派遣スタッフが面接に訪れるのは、夜になったりまた休日になったりすることも多く、それに合わせた時間帯に仕事をする必要があります。たとえ事務職といっても残業時間や祝日勤務が多くなってしまう場合もありますが、一般の事務職とは違い、働こうとしている人をサポートするため、一生懸命になれるし、楽しくやりがいがあるという人が多いようです。

このようなコーディネーターの職には、データ入力などを専門とするコーディネーターのサポート係もいます。契約社員などの多くはそういったサポート業務をこなしていることが多いです。人材派遣会社では個人のデータやその管理の量はとても膨大ですが、とても重要な資料です。データを管理するアシスタントの人数も数多く必要になります。こういったアシスタントの人たちは、コーディネーターと比較すると残業時間なども少なくて良いようです。

人材派遣会社に転職を考える場合、採用は所属部署ごとになりますので、自分でどのような職種にいくかきちんと考えてから応募する必要があります。人材派遣会社の事務職は、一般の事務職とは異なり、人とのコミュニケーションがとても多く残業時間も多くなる可能性があるということは覚悟する必要があります。それでも、サポートしている登録スタッフの採用が決まった暁には自分の事のようにうれしかったりと、他の事務職では味わえないやりがいも沢山あります。

人材派遣会社の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 公開求人数 転職可能エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ☆☆☆☆☆ 全国対応 詳細



Copyright (C) 2014 - 2017 人材派遣会社求人ランキング【※2014年度最新版】 All Rights Reserved.